朝三暮四(株)ノート

C氏のためだけに書く株ブログ

日経のGW明けからの展開

日経のGW明けからの展開は。

4/28の日銀金融政策決定会合を受けての大下げから、5/2さらに大下げ。2日の下げは日足はもちろん、週足・月足もギャップダウン(300円のGAP)。週足のギャップダウンは結構強いので下げ有利かと。2/12安値14685円からの上昇トレンドラインが15700~800辺りなのでそこまで下げての反発、もしくはブレイクしての大下げ。

ギャップ埋めに向かっても・・・埋めきれないのではないか。

ドル円との関連強いので、ドル円(為替)を見てから日経を追ったほうがよい。105円台まで行って107円台まで戻っているがGW明けての本格活動を追いかける。

 

アメリカはナスダックが弱い。まだ上昇トレンド崩れたとまでは言えないが、大統領候補選の影響も見たい。ただし、日経との連動はイマイチ。

 

さて、GW前と後ではあまり価格差はないと書いたけど、今年は5/2の下げでは仕方ないかなと。あと、マザーズが非常に強くなっていて1200Pを狙っている。すでにバイオはかなり上昇しているが、指数1200Pブレイクで更に上げるかも。マザーズは波が荒いので、資金と心に余裕をもって参加するべし。

 

 投機家は、予想屋ではなく対処屋である。

動きを見て立ちまわるべし。