朝三暮四(株)ノート

C氏のためだけに書く株ブログ

米雇用統計発表を受けて

金曜夜、米雇用統計発表を受けて、一気の円高、先物下げとなってしまった。

アメリカ市場は、寄り付きで大きく下げた後にやや持ち直して終了だったのに対して、ドル円は円高止まり、先物は下げっぱなしの様相。

株式市場の強さは、アメリカ>日本が明らかで、この傾向は4月末から引き続いている。日経は、ひとまずの目安は以前から言っている2/12からの上昇トレンドライン(16000前後)だろう。ここで反発が弱ければ更に下げかもしれないし、一気に抜いたら出来高に注意して突っ込み狙いができるかも。いずれにせよ、あまり強気にはなれない。市場の空気が変わったかな。でも、値動きを追って、意識はニュートラルにして(周りの強気弱気の意見に惑わされずに)チャンスを待つべし。

なお、アメリカ市場はダウ18000、ナスダック5000、SP2100を目指すものと予想している。その後は・・・。