読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝三暮四(株)ノート

C氏のためだけに書く株ブログ

レイバーデイ明けからいよいよ本格活動

アメリカのレイバーデイ明けから市場がいよいよ本格活動する前に夏休みの復習と今後の展望。

 

アメリカ市場は、ダウ、ナスダック、SP500の三役そろい踏みで高値更新。夏休み前にナスダックが弱いのでそのナスダックが5000P(切りのいい数字)を超えたら3つの指数共に一服すると読んでいたが、5000Pを超えたらナスダックが一番強くなってしまった。(もしEminiナスダック100を売っていたら5100Pでロスカットとなっていただろう。売ってなくてよかった)

さて、3つともに高値更新したのだからここらで一服あってもよいと思っている。しかし、チャート上は今後も高値更新し続けると読むのが自然だ。

ただし、2009年から8年間も上げてきている事、エリオット波動は9波に突入していることから「最後の上げ」になりそう。最後の稼ぎ場か。

(なお、8月の「場中の動き(日中足)」を見ると8/18以降急騰急落をする日が何日もあることに気が付く。チャートがガタガタなんだな。こういうガタガタの動きは急落の注意が必要。頭の隅に置いていくべし)

 

日本市場は、日銀買い支えの甲斐あったのかなかったのか、カイアモンレベル16400~16800あたりをウロウロ。だが、9月に入って16800円を超えて強くなってきている。ドル円も下降トレンドラインを上抜けてきた。

アメリカと日本の値動きのタイミング(上抜け)が久々に合ってきたので(ほんとに久々!)、今後はトレードしやすくなるかもしれない。

月曜日は日経平均が200MAを超えて始まるだろうから、長期投資家の買いやカラ売りの買戻しでそのまま高値で終わるのではないだろうか。日経は、200MA超えで浮上のチャンス。

ちなみに、マザーズは200MA割れで冴えない。夏休み中眺めていると特に新興市場は個別材料が発表されて下げる銘柄の多かった。もはや4月5月のイケイケ相場ではない。材料勝負は分が悪い。所属する市場全体が上向くまで待ちたい。

 

やるぜ!

 

追伸。ラージSQ(メジャーSQ)にも注意。